プロフィール

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

美容院へ

昨日はとてもいい天気でした。
雲ひとつない青空!
気温も20度近くまで上がっていました。
子どもたちは半そでで遊びまわっていましたよ。

昨日は2ヶ月ぶりくらいに美容院に行きました。
渡英前は「現地の美容院に行ってみたい!」って思っていたけど
あちこちで評判を聞くたびにどんどん気持ちが萎えていって
ついに行くことはありませんでした。

・ぱっつん前髪のおかっぱにされる(オリエンタルと言えば、これよね!みたいな・・)
・髪が太くて切れない(使っているはさみが違うらしい)
・言いたいことが伝わらない(これは日本でもあるけどね・・)
・けっこう大雑把

ちょっと行くのは無理じゃないですか?
私はカラーもパーマもしていないので、問題ないですが
カラーやパーマをした人は、薬が合わないってこともあるらしい。。

そんなこんなで、はじめは自分で切っていました。
前髪と、顔周り。
でも、だんだんそれも限界に近づき
掲示板で探した美容師さんのお宅に伺って切ってもらいました。
15ポンドだったかな?

2回目は、チャリティーコーヒーモーニングの
くじ引きで当たった美容師さんに切ってもらいました。
こちらの方は普段18ポンドで切ってくれます。

また、同じ人にお願いしてもよかったのですが
お友達のお勧めで、日系の美容院MOGAへ行ってみました。
MOGA North Finchley
フィンチリーセントラルの駅から歩いて7分くらいかな?

正直、「ちょっと高いよね・・・」って敬遠していたんです。

でも、行ってみたら、大満足。
確かにカットだけで39ポンドなんで、
個人宅でやってもらうのよりは断然高いのですが
シャンプーが大好きな私は
やっぱり美容院がよかったです。

同じ方がシャンプーもカットもしてくださったのですが
シャンプーも私好みだったし
カットもすごく丁寧でした。
ちょうどクリスマス前だったので
特別プレゼントでマニキュアももらって、大満足で帰りました。

そして昨日、帰国ぎりぎりではありますが
帰ったら、忙しくて当分カットもできないなと思ったので
無理して行って来ました。
やっぱり行ってよかったです。
すごくさっぱりして帰ってきました。

お友達の中には、現地の美容院でカラーもカットもして
かわいくなっている人もいるので
ちゃんと話せれば、問題ないんだとは思います。

現地美容院、チャレンジしてみますか?
それとも日系行きますか?

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト





2011-03-24(Thu) 13:42| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 6

ブーツでインフルエンザ予防接種を受けました

昨日の長男の予防接種に続いて、今日は私が予防接種を受けてきました。
トットリッジレーンにあるブーツです。
お友達が電話してくれて、本日やっているとのことだったので行きました。
(そのお友達は結局コルニーハッチレーンのテスコに行ったそうです)

ちなみにブーツ(Boots)は英国のドラッグストア。
昔習っていた英語の先生がUK出身の人で
ブーツのことを「変な名前でしょ」と言っていたのが印象的でした。。

前を通ったことはあるけど、入るのは初めて。
すごく広くてびっくり。
商品もウッドサイドパーク近くのブーツとは比べ物にならないくらい
たくさんの種類がありました。

レジのお姉さんに「インフルエンザの予防接種を受けたいのですが」と聞いてみると
「薬局のところでやっていますよ」と教えてくれました。
処方箋薬の受け取りができる薬局の窓口にしばし並び、
順番が来て、その旨伝えました。
簡単な問診票の記入をして、お金を払います。
12.9ポンドでした。

小さな小部屋に案内され、座っていると
注射セットを持った薬剤師さんがやってきました。
同年代か、少し年上のように思われるやさしそうな女性でした。
自己紹介の後、インフルエンザ予防接種の経験の有無
その際の副作用の有無を聞かれてから
注射の説明をしてくれました。

今回の予防接種は豚インフルエンザともう一種類の混合ワクチンであること。
接種によって、起こる副作用について。
今回の予防接種に関するフィードバックをネットでやってほしいこと。など。

医療用語はなじみがないので、説明がわかりにくいことがあるかもしれません。
私は知っているけど、なかなか思い出せない言葉が多く
聞きながら同時に理解するというよりは
後追いで理解しながら、聞いていました。
仕方ないですね。

日本では薬剤師の資格では患者の体を触ることはできません。
英国では薬剤師が注射をすることもできるのですね。
これは知らないことでした。

お医者さんでも看護婦さんでもないから
あまり上手じゃなかったらやだな・・・と思っていたら
すごくスムーズで、全く痛くなかったです。
少しでも疑ってごめんなさい。と言う気持ちでした。

周りでは予防接種を受けないとか、受けたこともないという人が多かったですが
うちは家族全員が毎年受けてきましたし
子どもに無駄な病気をうつさないためにも
私も予防接種を受けることにしました。


「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

ブーツでのインフルエンザ予防接種に関する情報ページはこちらから
Flu Vaccination Service
Store Locator でポストコードを入力し、
Find additional store services で Flu Vaccination を選択してから検索すると
予防接種が受けられるお店が見つかります。
Store Locator

今回は予約なしでいいと聞いていたので、
本当に予約なしで行きましたが
予防接種を受けられる時間が決まっているようなので
事前に聞いておくと間違いないと思います。

コルニーハッチレーンのテスコでは予約を受け付けていました。
でも、空いている時間なら予約なしでやってくれるみたいです。
主に夜の時間は予約で一杯で、日中は空いているようです。
こちらは10ポンドだったそうです。






2010-11-18(Thu) 23:08| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 9

GPでインフルエンザの予防接種を受けました

昨日、インフルエンザの予防接種を受けに行ってきました。
18時半からだったのですが、18時くらいには着いてしまったので
待合で待たせてもらおうと中へ入りました。

受付で「インフルエンザの予防接種を受けに来ました」と伝えると
「廊下の先のホールで待っていて」とのこと。

てくてくと歩いて、ホールまで行くと、入り口に係りの人が立っていました。
「インフルエンザの予防接種ですか?」
「はい」
「何人?」
「1人です」

問診票のような紙と番号札を渡されました。
イスに座って、問診票に記入していると
先ほどの係りの人が、番号を呼んでいました。
あと10人くらいで、順番です。
どうやら、18時半より前に開始しているようでした。

10分ほどですぐに順番が回ってきました。
ナースが私に質問します。
ナース「誰の予防接種ですか?」
私  「(長男の肩を叩いて)この子です」
ナース「どうして予防接種を受けるのですか?」
私  「喘息です」
ナース「わかりました」

おや、罹患歴の確認とか、しないんですか?
こんなことなら次男だって受けられたんじゃ?(一応、喘息あり。最後の発作は約2年前)
と思っていたら、ドクターから生年月日を聞かれました。
やっぱり一応カルテは確認しているようです。
そりゃそうだよね。。

ナースから「1人で座る?お母さんの膝に座る?」と聞かれ
「1人で座る・・」と長男。

腕を出して、そこにナースが注射を打ちます。
すごくゆっくり・・・に感じるのは
日本のかかりつけ医の注射が
泣く暇を与えないほどの高速注射だったからかも。
しかもすごくうまくて全然痛くなかったんです。
長男は注射を打たれながら、ちょっと痛そうな顔をしていたけど
ナースから「すごい、強いわ!えらいわ!」と声をかけられ
何とか泣かずに終了。

最後に「よく頑張ったわね」とシールをもらって機嫌よく帰りました。
なぜか来ただけの次男もシールをもらってご機嫌でした。

これでこの冬、無事に過ごしてくれるといいんだけど。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

接種対象者かどうかの書類も特に必要なく
スムーズに接種してもらえたのは
ちょっと意外でした。
何か言われるに違いないと覚悟してきていたので。。






2010-11-18(Thu) 15:18| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 0

インフルエンザの予防接種

今朝のこと、次男の同級生のママに話しかけられました。
「インフルエンザの予防接種、明日で最後だよ。行った?」

そんなこと全然知りませんでした。
どうやらお知らせの手紙が届いているらしいのですが
うちには来ていませんでした。

そこのお宅も長男1人の名前で届いていたので
他の家族も接種できるかどうか聞きに行くということなので
私も一緒に行ってみることにしました。

あまり、いい思い出のないGPです。。⇒ GPへの登録 結局・・・

窓口で聞いてみると、今回は優先接種の人だけにお手紙が行ってるとのこと。
だからそのお友達のおうちは喘息がある長男だけしか接種できないとのこと。

うちの長男Kも喘息があります。
渡英前の3月に久しぶりに発作が起こり、
かかりつけの小児科の先生に心配されながらやってきましたが
こちらにきてからはすぐによくなり、ずっと元気でした。
でも、この2ヶ月くらいの間に、2回ほど軽い発作が出て、
その都度、持ってきていた薬を飲んで対処しました。

その旨と、接種のお知らせの手紙が来ていないことをGPの窓口で伝えると
長男Kは優先接種に該当するので、明日来てくださいとのこと。
ちなみに無料です。

何か持ってくるものはあるか?と聞いたけど
タダ来るだけでいいから・・と。

明日になって、いざ行ってみたら
「手紙がなきゃダメ」とか言われそうな・・やな予感するけど・・。

ちなみに、他の家族はワクチンに余りが出たらやってくれるとのことで
それはいつになるかわからないそう。
ブーツやテスコで15ポンドでやってるよと教えてくれたので
他の家族はそれに行ってみようかな?と検討中です。


「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


予備情報ですが、ウッドサイドパーク近辺のハイロード沿いのブーツでは
インフルエンザの予防接種はやっていないそうです。
トットリッジレーンのブーツでやっているとのことです。
接種にはアポイントメントが必要です。






2010-11-16(Tue) 12:45| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 2

運転中にパッシングされたら?

日本で車を運転しているときにパッシングされたら
それは大体、悪いことの合図。。

「危ないじゃないか!」
「遅いからレーンを譲って!」

などですよね。
または

「ネズミ捕りやってるよ」

の、合図だったりもします。

ところが、こちらではそういうことに使っていないように思います。
初めて車に乗った頃、右折しようと待っていたときに
反対車線の車が「ぱしぱしっ」とパッシングしたんです。

当然、「危ないだろ、ちゃんと待ってろよ」という意味だと思って
ちゃんと待っていたのですが、
その車は動きません。そしてさらにパッシング。

「もしや、これは、曲がっていいよってこと?」
手を挙げて、サンキューを言いながら曲がりました。

こちらは路上駐車がすごく多いので、道によっては2車線通れないことも。
そのときは、どちらかが車の停まっていない道の端によって待つのですが
「待っていてくれてサンキュー」の意味でも使われています。
また、待とうかな?と思っているときに
向こうからパッシングされれば、それは「先に来ていいよ」の合図。

道を歩いているときも、信号のない道路を横断しようと待っていたら
車が「ぱしぱしっ」とパッシング。
これも、「渡っていいよ」の合図でした。

国が違えば、習慣も違う・・・のひとつだなと思いました。

こちらで運転中にパッシングされても
驚かないでくださいね。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

先日、高速道路を運転中、ぎりぎりの車間で前に割り込んできた車がいました。
夫が「危ないじゃないか!!!!」と「ぱしぱしぱしぱしっっ」とパッシングしましたが
これって、そういうサインに取られていない可能性ありますよね。






2010-11-15(Mon) 15:22| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 6

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。