プロフィール

Hiro

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

はぉぷ

毎週、月、水、金曜日はゲームをしていいことにしています。
とはいうものの、特にゲームを持っていないので
インターネットでダウンロードしたものや
インターネットで直接つないで遊んでいます。
BBC-CBBC-GAMES

朝30分、夕方30分やっていい約束です。
兄弟二人でけんかしたり、なかよくしたりしながら
ゲームを楽しんでます。

ある日のこと、ゲームをしている長男Kが私に言いました。

K「おかあちゃ~ん、ちょっとKの『はぉぷ』してくれへん?」

私「『はーぷ』って何やの?」

K「『はぉぷ』は『はぉぷ』やんか~!」

私「わからへんよ」

すると次男Jが横から

J「へぉぷ、へぉぷ・・・」

・・・・・・・

ヘルプ(Help)でしたか・・・。

もう、おかあちゃん、付いて行かれへんよ。

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト





2011-02-14(Mon) 21:02| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 4

いーじー ぴーじー

長男Kが学校に通い始めたころ
友達や先生の言うことが全然わかっていなかったのに
すぐに覚えて帰ってきた言葉がいくつかあります。

そのひとつがこの「いーじー ぴーじー( Easy-Peasy )」です。
別バージョンとして
「いーじー ぴーじー れもんすくぃーじー」
というのもあります。

日本語にしたら、「かんたん かんたん」とか
「お茶の子さいさい」、「朝めし前」という感じかな?
何でレモン?って、そこは意味ないと思います。

私はすぐに韻を踏んだ言葉遊びのひとつだなって思ったんですが
夫は初めて聞いた時、「なんじゃ、そりゃ?」と。。

で、「すごく簡単だよってことを面白く言ってるんじゃないかな」って
説明したんだけど、ピンと来なかった様子。

そこで、子供の頃に自分が使っていた言葉を思い出して説明してみました。

私「ほら、『あいむ そーりー ひげ そーりー』とか言ってなかった?」
夫「何?初めて聞いたわ・・・」

私「ちなみに、『あいむ そーりー ひげ そーりー なかそね そーりー』っていうのもあるよ」
夫「なかそね そーりーって・・・年がバレるで」

夫は知らなかったようなんですが、
小学生くらいのときにそういうこと言ってませんでしたか?
ちなみに私は岡山市に住んでいました。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ








2011-01-25(Tue) 12:30| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 8

さんぴん びぎんず・・・

今日は長男Kが放課後にクラブがあったため、次男Jだけを15時30分にお迎えしました。
帰り道、歩きながら、次男Jが話しています。

J 「今日な、スティッカーもうてんで(シールもらったんだよ)」

私 「何が、かしこかったの?」

J 「ないしょ。いくつもらったかな?1個かな、2個かな・・・忘れてん」

レセプションクラスはほとんど幼稚園のようなものなので
何か上手に出来たら、ごほうびのシールをもらえるのです。

お弁当や給食を全部食べたとか
先生のお話を静かに聞いていたとか。。
たわいのないことですが
子供たちにとって、シールは魔法のように威力があります。

さて、家についてから次男Jがシールを見せてくれました。
きらきらと光るきれいなシールです。

J 「このスティッカー、なんて書いてある?」

私 「スーパー!って書いてるよ」

J 「どういうこと?」

私 「すごいね!ってこと」

J 「これ、どうしてもらったと思う?」

私 「わかんない」

J 「Jがな、すごいもの作ってん。それは何でしょ~か?(いきなりクイズ出題・・・)
  さんぴん びぎんず んばっ!

私 「は??」

J 「さんぴん びぎんず んばっ!

呪文だ、魔法の言葉だ、これで何が起こるのだ???

繰り返し、「さんぴん びぎんず んばっ!」を聞くたびに
その正体が明らかになってきました。

ひらがなで書くとさっぱりですが
実は「Something begins Ba」と言っています。。
「『ば』で始まる何か」ってことです。

「Something」をカタカナで書くと「サムスィング」という表記が精一杯。
とにかく「スィ」のところが「ピ」と聞こえたようです。

Jは耳がいいと思っていたけど、間違いだったわ。

「んばっ」は「ば」を発音する前に口を閉じて、タメを作っている雰囲気。わかるかしら?

とにかく、Jが「Ba(ば)」で始まる何かを作ってほめられたが、それは何か?ということ。

Jの好きなものやで・・とのことなのでいろいろ考えてみました。
「Ba」で始まらないものもありますが、ご了承ください。。
・バス
・バイク
・バスケット
・バンバン(鉄砲を表す我が家の言葉)
・バイオリン
・バター (工作でどう作るのか不明だが、一応言ってみた)
・バルーン
・・・・・

全てはずれ。

J 「せいかいは~・・・・Batman(バットマン)でした~!!
   おかあちゃん、わからんかったやろ?」

私  「ええ、ちっとも・・・」

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ






2011-01-12(Wed) 23:30| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 4

わいぼー

昨日、学校から帰って、玄関を開けようとしている長男Kの手が
真っ黒になっていることに気づきました。

私 「K、どうしたの?指、真っ黒じゃん!」

K 「ああ、これな、今日、学校でKがわいぼーで遊んどったから」

私 「わいぼー?」

K 「わいぼーやで。おかあちゃん、知らんの?」

そこへ次男Jが横入り。。

J 「Jもな、今日、わいぼーやってたんやで」

私 「なんのこっちゃ??」

K 「インストラクティブ わいぼーは使ったらあかんねん。
   おかあちゃん、それも知らんやろ」

何だ!その上から目線は!!

K 「わいぼーでな、指で消したからな・・・」


そこでやっとピンときました。
「わいぼー」の正体は「White Board (ホワイトボード)」だったのです。
それで、書いたものを指で消したから、真っ黒になったと。。
なるほど。

K 「おかあちゃん、インストラクティブ わいぼーはわかるん?」

私 「わかるで。でっかいやつやろ?」

K 「何や、おかあちゃん、知っとったんや・・」

悪かったな!!!

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ






2011-01-11(Tue) 12:46| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 9

寝言が英語に

子供たちの英語学習は基本的に耳からです。
長男は字が読めるようになってきたので
本を読んで勉強することも少しはあります。
でも、基本的に耳から。
なのに、大人よりどんどん英語を覚えていってしまいます。
子供の特権ですね。

昨日、寝る前に子供たちの様子を見に行った夫が
びっくりした顔で帰ってきました。

夫「Kの寝言が英語だった・・・」

私「なんて言ってたの?」

夫「 I don't know what are you doing. だってさ。」

私「きっと英語で夢を見てるんだね。とうちゃん、負けたね。」

夫「うん、完敗や・・・」


朝になって、昨日何の夢を見ていたのか聞いてみたところ
長男は全く覚えていないとのこと。

「『I don't know what are you doing.』って寝言を言ってたみたいよ」と教えると
「ほんまに~???」と大爆笑していました。
本当に覚えていないようです。

だから、長男Kが全編英語の夢を見ていたのか
それとも一部分だけだったのか
全くわかりません。

でも、彼は学校にいる間、ずっとつたない英語でコミュニケーションしているわけで
そこには、私の全く知らない、想像すらできない彼の姿があるわけです。

それをちょっとだけのぞき見ることができたような
そんな気持ちになりました。(実際、見たのは夫だけですが・・)

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

その後、夫に「英語で夢をみたことがあるか?」とたずねたところ、
「全く、ただの一度もない」との回答。

私は、あります。
誰かと英語で話をしている夢。
一度だけではなく、何度も。

朝になってみたら、誰と何を話していたのか
ちっとも思い出せないので
もしかしたら、「英語を話している気になっている」という
夢を見ているのかもしれません。

「こうなりたい」という私の希望、願望が強く反映された夢。
いや、妄想でしょうか?






2011-01-06(Thu) 11:15| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 6

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。