プロフィール

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

毎週おでかけ

帰国まで、あと何回週末があるかしら・・・と考えて
1月の半ばに、行きたい場所のリストアップをして
日程も全て決めてしまいました。

毎週ノルマのように、どこかへおでかけしています。

今日はウエールズに来ています。
イギリスを構成する4つの地方のうちのひとつです。

ちょっと前に南ウエールズに行ったので
今回は北ウエールズに来ています。

今日は午前中に子どもたちのサッカー教室あって、その後すぐに出てきました。
車で約3時間。
長距離ドライブも、もう慣れたものです。

天気はあまりよくなかったのですが
すばらしい景色を楽しみながらのドライブでした。

また写真をご紹介できれば・・と思います。

実は昨夜、夫が来週末に出かける予定であるアイルランドへの飛行機を予約しました。
1時間程度の飛行時間なので、格安航空でいいよね・・と
イージージェットを予約したのですが
なぜか、行きも帰りも日にちを間違えていたそうです。

通常の航空会社であれば、フライトの変更は簡単にできますが
イージージェットをはじめとする格安航空では
変更にも手数料がかかります。
キャンセルしても返金されません。

この変更手数料が結構高く、夫はしばし落ち込んでいました。
新たに買いなおした方が安いかも・・と
いろいろ調べたけど、やっぱり変更の方がやや安かったそうです。
そうするとなんだかんだと、普通の航空会社を使った場合と
ほとんど変わらない金額になっちゃったんだとか・・仕方ないね。

イージージェットは会社都合によるフライトキャンセルも多いそうで
いくら安くても、私はもう使わなくていいかな・・という気持ち。。
せっかくの旅行を台無しにされたくないですから。

一人の気楽な旅なら使うかな・・・。

とにかく、オンライン予約の際は
最後の確定ボタンを押す前に、しっかり確認しましょう・・ってことですね。
当たり前ですけど。

もしも、今回失敗なく予約できていたとしても
いつか必ず失敗したはずだと私は思います。
誰にでも不注意はあるからです。
だから、今回失敗したことで、彼は今後絶対に失敗しないと思います。

ということを、夫に伝えました。
まだ、しょんぼりしていましたけどね。。

私も、一度ロックアウトをやってしまってから
毎日ドアを閉めるときに、イヤというほど確認をしちゃいます。
軽く心臓がどきどきするほど、気にしちゃってます。
もう、あんな思いをするのはこりごりですから。。
悪夢のような時間
ロックアウト対策

昨日は飛行機の間違い予約で、がっくり、しょんぼりしちゃいましたが
今日はお城の上から見た景色も良かったし、
ガソリンがなくなりかけてスタンドを探していたら、
はじめに見つかったところが他より安かったりと、いろいろうまく行きました。

明日は世界遺産のお城を見に行きます。

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト





2011-03-06(Sun) 00:10| おでかけ| トラックバック 0| コメント 11

Red beach レッドビーチ

ギリシャ全土ストの影響で、アテネに戻れなかったので
もう一日サントリーニで過ごすことになりました。

午前中は航空会社とのやりとりをして
指定されたホテルへ移動したりして時間がなくなったので
お昼くらいからバスでアクロティリに出かけました。

アクロティリにはアクロティリ遺跡という
火山の噴火によって廃墟となった遺跡があるのですが
冬は閉まっており、見学はできませんでした。

その代わり、レッドビーチと呼ばれる海岸へ向かいました。
バスを降りてすぐの所にもビーチはありましたが
そこはきわめて普通の砂浜に見えました。

標識に従って歩いていくと、だんだんと山が赤くなってきました。
土というか、岩が赤いのです。

さらに進んでいくと、とても素敵な光景が見えてきました。

20110223 Red beach 1

まさに、赤い砂浜、レッドビーチです。
赤い地層がぐっと沈み込んだ向こう側は
全く地質が違っていて、白いがけになっています。
不思議ですね。

砂粒は赤と黒、ときどき白。。

20110223 Red & black sand

赤い土のがけは非常にもろく、そばを歩いているときにも
ぽろぽろと砂粒や小石が落ちてくるほどでした。
ちょっと危ないかも。

オフシーズンのおかげで、ここもほとんど貸切。
私たち家族のほかには韓国人?中国人?の女の子二人連れがいただけでした。
すごく静かで、落ち着きました。

子どもたちは海に向かって石を投げまくり。。
いくつもいくつも投げていました。

白いがけの方から、歩いてきた方を振り返った景色です。

20110223 Red beach 2

右端の方から歩いて、がけを降りて、岩場を越えてビーチにやってきました。
冬とは思えないポカポカ陽気で気持ちよかったです。

帰りのバスの時間に間に合うように
歩いて戻っていると、急に天気が悪くなってきました。
そして、見る見るうちに豪雨に・・・。
私たちは本降りになる前に休業中のお店の軒下に入って無事でしたが
2人連れの女の子はずぶ濡れになっていました。

雨のせいか、暖かかったのが嘘の様に気温がぐっと下がり
肌寒くなってきました。

私たちは15時50分のバスに乗る予定でした。
これを逃すと、次は17時20分までありません。
雨はまだやんでいなかったけど、バス停に向かうことにしました。
子どもたちにはカッパを着せて、大人は撥水ジャケットでなんとか・・・。
それなりにぬれたけど、バスには間に合いました。
女の子たちも、間に合っていました。

もしも、ストがなかったら
このビーチには来ることがなかったので
ストがあったのも、まあよかったかな?という感じです。
ホテルも夕食も用意してもらえて、助かりました。
アテネのホテルも連絡したら、返金されました。

夫がバスで話した年配の日本人男性は
船を飛行機に振り替えた上に、アテネのツアーもホテルもキャンセルになって
しかも返金されないとのことで、とても困っておられた様子。。
お気の毒です。。

旅にはいろいろありますが、
今回の私たちはラッキーでした。

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ







2011-02-27(Sun) 23:07| おでかけ| トラックバック 0| コメント 4

ギリシャ サントリーニ島

現在、ギリシャのサントリーニ島に来ています。
サントリーニ島をご存じない方はこちらをご参照ください。
サントリーニ島(Wikipedia)
サントリーニ島(ギリシャ政府観光局)

観光地ではありますが、今はオフシーズンのため
閉まっている店やホテルも多く
閑散とした雰囲気です。

それがまた静かでいい感じ。
オフシーズンならではの魅力かと思います。

もしかしたら、ハイシーズンに来たら落ち着かないかも・・と私は思います。

20110221 Church

ギリシャの島にしては珍しく、山があり、港までの高いがけを上り下りしたり
山を登ったりと、毎日歩いてばかりです。

今日で3泊したところです。
本当なら、今朝の飛行機でアテネへ向かう予定でしたが
なんと、ギリシャ全土で大規模ストを実施中・・。

ということで、飛行機が飛ばなくなりました。
ストの情報は事前に出ていたのですが
全くチェックしていなかったのです。反省。

旅行前には、旅行先の大使館HPはチェックすべきですね。。
当たり前のことだけど、忘れてました。

でも、ちょっとだけ文句を言わせてもらうと
航空会社もストの予定があるんなら
予約を受け付けないとか、警告を出すとか
していてくれてもよさそうなもんですよね。。

とにかく、サントリーニ島にもう一泊。
次の日はこちらへ ⇒ レッドビーチ

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ







2011-02-23(Wed) 08:18| おでかけ| トラックバック 0| コメント 4

クリスマスマーケットへ デュッセルドルフ2日目 その4

冷え冷えのデュッセルドルフ 2日目その3 からの続きです。

ベッドの中で、ぽかぽかの次男を湯たんぽ代わりにしたものの
冷えた体はなかなか暖まらず、結局ほとんど眠ることはできませんでした。
それでも体を休めた方がいいなと思って、2時間はベッドに入っていました。
次男はその間、ぐうぐうと眠っていました。

長男と夫は全くわからないドイツ語のテレビを見たり
インターネットしたりしていたようです。

そして、夕方、暗くなりかけた頃に
もう一度マーケットへ出かけることにしました。

お昼に来たところと同じところに。。

一番目を引いたのは、この飾り物。
星型のものが、あちこちで売られていましたが
家の形のものは、あまり見かけませんでした。

20101219 Star Light

マーケットに来るまでの間、トラムから見える
マンションの窓飾りにもよく使われていて、かわいいなあって思っていたのです。
色も、白、赤、オレンジ、黄色、緑、紫・・・いろいろありました。
写真では見えにくいかもしれないけど、すかし模様が入っていて
本当にきれいなのです。
お値段も確か20ユーロ前後。
マーケットで見かけてから、ずっと、欲しいなあと思っていたのですが
ついに「家のと、星のと両方買おう!」と決心して、お店の前に立ったときに気づきました。

日本じゃ電圧が違うから使えないんじゃ??

ああ、悲しい。これは欲しかったな。。

しょんぼりと通りを歩いていると、どこからともなく
なんともいえないよい香りが・・・。
それはスパイスで作られた飾りを売っているお店からでした。

20101219 Spice & Herb

ぶら下げるタイプのもの、置くタイプのもの。
キャンドル立てになっているもの。
ベース素材に、本物のスパイスがうまく組み合わせて貼り付けられており
実によい香りが漂ってきます。
これも欲しくなってしばらく見ていましたが、踏ん切りつかず。。

そうして、くるくるとお店を見て回っていると
ある建物の向こうにマーケットの明かりを発見。
あそこはまだ行ってないよね・・・ということで、行ってみました。

20101219 Snow Ball

建物で囲まれた、ちょっとした広場のマーケット。
頭上には、まるで花火のようにも、雪のようにも見える丸い飾りが光っていました。
うまく写っていないけど、これがすごくかわいくて感動的でした。

そして、気持ち悪さのあまり、お昼を食べていなかった私は
だんだんおなかがすいてきていました。
マーケットでホットワインを飲むのも夢だったけど
もうひとつ試したいものがあったのです。

それは 栗。焼き栗です。

20101219 Chestnuts

この大きな鉄板の上で、ころころとひっくり返されながら
よく焼かれた栗。
食べてみると、ほくほくして、甘くて、幸せな気持ちになりました。
みんなであっという間に完食。

くるくるとマーケットを見て歩いた後は
少し外れて街の方へ。。

20101219 Riverside 1

橋の上から見た、川沿いの景色です。
川は半分凍っていました。
子供たちは喜んで、雪玉を作っては川へ投げ、それが転がる様子を楽しんでました。

この川沿いのイルミネーションがすごく幻想的でした。
とんでもなく寒いし、気持ち悪くもなったりしたけど
このデュッセルドルフに来られてよかったなあとしみじみ。。

人気ブログランキングへ

さて、おなかもすいたし、何か食べて帰ろう・・と
また別のマーケットに行きました。
そして、昨日にんじんスープを食べたお店で
今日はビーフスープを注文。
別のお店で、パスタのような食べ物も買ってきました。

20101219 Suppen

ビーフスープは、よく煮込まれた細かい野菜と崩れた牛肉が入っていて
おなかにやさしい味わいでした。
これは帰ってから、まねして作ってみました。それもおいしかったです。
パスタ?は見た目かなり悪いんですが、チーズ風味でもちもちの食感。
すごくおいしかったですよ。

帰る前に、気になっていたお店をパチリ。

20101219 Nest

多分、鳥の巣箱。
実用的なものなのか、飾りにするものなのかわかりませんが
ここだけおとぎの国みたいになっていました。

おなかが弱っていたので、ホットワインも飲まず、
再びトラムに乗って帰ろうとしたら
すごい雪のため、ダイヤが乱れていて
表示によると34分待ち・・・。

雪も降ってきて、とても寒かったので
このクリスマスツリーの横の軒下に入って待ちました。

20101219 Christmas Tree

それにしても、寒いこと、寒いこと・・・。
待っている間に、この軒下のウインドウに飾られているサンタさんの工房を見ていました。

20101219 サンタ工房1

20101219 サンタ工房2

20101219 サンタ工房3

20101219 サンタ工房4

上から順に、木工、縫い物、お菓子作りをしています。
最後は、地球儀を取り出して、ラッピングされたプレゼントの
送り先を調べているのかしら?
写真ではわかりませんが、ところどころ動いているんです。
かなづちが上下していたり、ミシンがかたかた回っていたり。。
何度も往復してしまいましたが、そのたびに新しい発見がありました。

やっと来たトラムに乗り込み、2日目終了です。。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

絵本にあったほど、大規模な工房じゃないですが
サンタさん、頑張ってるんですね。
クリスマスにぴったりの絵本(過去記事)






2011-01-10(Mon) 10:44| おでかけ| トラックバック 0| コメント 2

冷え冷えのデュッセルドルフ 2日目その3

クリスマスマーケットへ デュッセルドルフ2日目 その2 からの続きです。

私たちが出かけていたころのデュッセルドルフは、本当に冷凍庫の中のようでした。
ワインで暖まった体も、すぐさま冷えてしまうのです。

とにかく、一度ホテルに戻ることにしたのですが
その途中の写真たち。
冷え冷えの雰囲気がわかっていただけるのではないかしら?

20101219 マーケットのクリスマスツリー

人通りの多い、マーケット内は除雪されていますが
マーケットの外は雪がざくざく。。
屋台の裏に、たくさん並んだシンプルなクリスマスツリーたち。

マーケットのすぐそばに川がありました。
寒いけど、近くまで行って見ることに。。

20101219 川沿い 船

長くて、平べったい船が行き来しておりました。

川の向こう岸には冷え冷えの街並み。

20101219 川沿い 街

川から振り返ると、雪で埋め尽くされた広場。

20101219 川沿い 広場

ほんと、冷凍庫。。
人通りの少ないところは、雪が砂のよう。氷点下だから解けないんですよね。
こんなところをスニーカーというか、運動靴で歩いてる人なんて
うちら夫婦くらいのもんです。
歩いているうちに、水がしみてきて、足が冷たく悲しい気持ち。。

さあ、ホテルに帰ろう・・と駅に向かいました。

20101219 ストリート

雪が半端に解けた後は、かっちんこっちんに凍っているので
ものすごく滑りやすく、歩くのがとっても危険。
おっかなびっくり、腰が引けた状態で歩きました。疲れる~。

そんなとき、広場の近くの通りで見つけたクッキー屋さんのウインドウ。

20101219 クッキー屋さん

3人が一生懸命クッキーを作っていますが、1人はサボってます。
ここのクッキー、すごくおいしそうだったのですが、
ショーケースの中はほとんど空っぽ。
ドイツでは日曜日はお店は閉まっているのです。
飲食店は開いてますが、こういうお店はどうなるんだろう?
中では人が働いているのが見えましたが。。

20101219 通りの様子

駅の近辺も、車道以外は雪がざくざく。
寒かった~。。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

雪のクリスマスマーケットに来るなら、おしゃれよりも防寒第一です。
スキーウエアくらいでちょうどいいかも。

クリスマスマーケットへ デュッセルドルフ2日目 その4 へ続く。






2011-01-05(Wed) 13:45| おでかけ| トラックバック 0| コメント 0

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。