プロフィール

Hiro

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

激しい気温差

先週の日曜日、ドライブに出かけました。
出発時の気温は12度。
その日の予想最高気温は16度。

「でも、まあ、もう6月だし・・」と
あまり厚着をしないで行きました。

到着して車から出てみると・・・


「さっむ~~~~!!!」


お城の遺跡を観光していましたが
寒くて寒くて、早々に切り上げました。

次の目的地に向かっていると
徐々に気温が上がっていきます。
車の中に液晶モニターがあり、気温や燃費など確認できるのです。

着いたときには16度。
ほどよい感じです。

観光もそこそこ楽しめました。


さあ、帰ろう!と車に乗っていると
気温はさらに上昇。


帰宅時にはなんと20度に・・
クーラーを入れたほどでした。


家に着いてビールを飲みながら
「今日は何を着ていくのが正解だったと思う??」という会話。

イギリスは「1日に四季がある」といわれるそうです。
まさにそんな1日でした。
今度から、「何月」ということにこだわらず
体感気温で衣類の調節しないといけないなと思いました。


人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

ちなみに昨日の気温は朝の7時半からすでに20度。
ラジオでは最高気温31度とのこと。
その通り、気温はぴったり31度まで上がり、
完全に真夏でした。

今日、月曜日も外はすごく暑そうです。

こちらのいいところは湿気がないので
部屋の中にいると、全く暑くないところです。
うちは早朝と夕方しか日が入らないので
余計に涼しいのかもしれません。


スポンサーサイト





2010-06-28(Mon) 11:34| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 2

車の運転

住むところを探すために、不動産屋さんにあちこち物件を見せてもらっていたときのこと。
「このへんは田舎だから、車も乗りやすいですよ。」
「道も狭いけど、みんな優しいから結構譲ってくれるんです。」

確かに、ちょっとしたすれ違いのときなど
さっと停まってくれる車は多かったです。


車を買ったときに、JEMの営業さんが言いました。
「こちらの人は運転が荒いから気をつけたほうがいいですよ」


あれ?不動産屋さんということが違いますが・・・。


ところで、運転が荒いとはどのくらいなんでしょうか?
大阪よりひどいですか?


と、質問してみたい気持ちでいっぱいでしたが
営業さんが大阪で運転したことなければわからないですもんね・・。


不動産屋さんは、私たちが大阪から来たとわかると
「大阪って怖いんでしょ。」
「あんなことや、こんなことや・・・」(映画の見すぎです・・・)

大阪といっても、私たちが住んでいたのは箕面なので
かなり田舎です。
ご近所にサルが出たこともありますし。


話がそれましたが、、
JEMの営業さんの話がちょっと怖くて
私はしばらく車を運転しませんでした。
乗るなら、はじめは夫に隣に乗ってもらって・・と考えていました。

でも、ある日、どうしても乗らないといけないことがあり
いきなり一人で運転してみました。



たいしたことありませんでした。


渡英前にビザの申請や受け取りで
何度も大阪市内のビザセンターまで車で出かけていたことが
よかったのでしょうか?
とにかく、私は運転できました。
狭い道も、車が小さいのでらくらくです。


イギリスは日本と同じ左側通行なので
事前に交通標識などをある程度勉強しておけば
あまり困ることはありません。
交通標識やルールについての資料は
車を買ったときにJEMさんがくれました。
日本語なので、読みやすかったです。


やりにくいのは、ウインカーとワイパーの位置が
日本と逆になっていること。
普段は間違えることはありませんが
とっさの動きではついつい間違えてしまいます。

でも、その程度。
あとは困ることないです。

強いて言えば、信号が道端にあるので
慣れるまでは見づらかったです。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

車の運転は国際免許証を取ってくればOKです。
ただ、有効期限が1年なので、出国ぎりぎりに取りに行くか
こちらで英国の免許証に切り替えする必要があります。
私たちはばたばたしていたこともあり、出国の2日前に取りました。






2010-06-26(Sat) 22:36| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 2

車を買ったこと

こちらに来たとき、小学校がどこになるかによっては
車があったほうがいいですよ・・と不動産屋さんに言われたことと
自分たちの便利のためにも、車を買うことにしました。

不動産屋さんは「JEMさんに行ってみたら?」と教えてくれたので
ネットでチェックして、連絡を取り、
早速会いに行きました。
引っ越してきたのが4月6日で、そこから1週間以内に出かけていました。

JEMさんのHPはこちら
⇒ http://www.jemuk.co.uk/

ヘンドンセントラルの駅前で待ち合わせ。
車で迎えに来てくれました。

1年しか乗らないので、そんな高価な車はいらないな・・と思っていましたが
いざ見てみると、お手ごろ価格のものはどうも「・・・」という感じ。

買うときの値段も気になりますが
燃費も気になるところ。
質問してみると、やはり日本車の方が燃費はいいそうなので
営業の方が、「ここにはないんですけど・・」と推薦してくれた
トヨタのヴィッツに決めました。
イギリスでの名前は「YARIS(ヤリス)」です。

前の持ち主も、その前の持ち主も日本人だったようです。
営業の方がおっしゃるには、
「人にもよりますが、一般的に日本人の方が車をきれいに使っている」そうです。
「だから状態もいいんですよ」とのこと。

JEMさんでは、車購入後の手続きも代行してくれるので
私たちのような英語がばりばりできるわけでもなく
在英時間の限られた人には本当に助かります。
多少割高なのかもしれませんが
時間をお金で買ったということで。。。

置いてある車はオートマがほとんどでした。
マニュアルもないことはないようですが
数が非常に少なかったです。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

この車、届いて早々、毎週末のドライブに、近所の買い物にと、よく走っています。
燃費のよさにはびっくり。。
日本の車が超高燃費だったので、余計にそう感じるのでしょうか。






2010-06-25(Fri) 12:51| 生活基本情報| トラックバック 0| コメント 2

大人?のための算数教室

ある日、小学校からテキストメールが届きました。

「明日から家族(大人?)のための算数教室が始まります。
興味のある方は、申し込みフォームを今日中に取りに来てください。
数に限りがあります。」

何のことだろう??
よくわからないけど、申し込み用紙をもらってみました。
毎週1回、午前中、6週連続。

次男の幼稚園がまだ決まっていなかったので
参加は無理でした。

この算数教室は、学校に行けなかった人のためのものかな?と
思ったのですが、どうやらそればかりではなさそうです。

この教室に通っているという日本人の方と少し話したのですが
子どもの勉強を見てやるための勉強という意味もあるみたいです。

計算の仕方にもいろいろあって(詳しくはわからないけど)
日本では習わない方法を教えてもらったり
特殊な用語(例えば四捨五入とか、算数独特の用語)も含めて
教えてくれるから
自分が子どもの勉強を見てやるときに、役に立つなあって思ったとのこと。

日本語で考えて、日本語で説明できても
子どもは英語で勉強しているから、理解できない。
でも、自分は英語でどう説明したらいいかわからない・・・。
こういうギャップを埋められるとのこと。

なるほどー・・
言葉の勉強にもなるわけですね。

次回があれば、参加してみたいと思いました。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

そういえば、自分が学校に言ってる頃も
「国語ができないと、他の勉強ができないんだ」って先生に言われていました。
問題の理解力がないと、解きようがないってことなんですよね。

でも、私は当時、国語の成績はよくても、算数はさっぱりだめだったので
「おかしいなー・・・」と思っていました。。






2010-06-21(Mon) 11:00| 小学校・ナーセリー| トラックバック 0| コメント 2

学校の勉強

先日の記事について、コメントでいろいろ教えていただきました。
⇒ year1の授業

私自身、こちらの教育システムについては全然理解していませんが
立派な大学もあることだし、はじめはのんびりでも
どの時点からか、急速に難しくなるのかな?と思っていました。

ちらりと見聞きした限りで
日本の学校とあまりに違うことに驚いたのです。

言葉が不十分にもかかわらず毎日満足して帰ってくる長男を見ていると
こっちの学校ののびのびしたところは本当にいいなあと思います。
人数が少ないところもいいのかな。
お友達もみんな親切みたいだし。

教会の英会話教室で話をした方々には、
子どもを日系の進学塾に通わせている方がたくさんいました。
中には1年生でも塾に行かせている人も!驚き!
どうしてなのか聞いてみると、
「勉強の進み方が日本と全然ちがうから」(帰国してからの心配かな?)
「勉強を見てやれないから」など。

それぞれの家庭の教育方針もあるのでしょうが
私はただ「へぇー・・・」とか「ほぉー・・・」とか言うばかり。。
勉強は程ほどに、我が家は健康第一で行きたいと思います。

あとは、いろんな国の子とつきあってくれれば。。
肌や髪の色の違いはあっても、仲良くできるということや
言葉が不十分でもコミュニケーションは取れるということをわかってくれれば
それは子どもたちにとっての財産になるのだろうなと思います。

人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking







2010-06-21(Mon) 10:41| 小学校・ナーセリー| トラックバック 0| コメント 0

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。