プロフィール

Hiro

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

チューブストライキの影響

この前、ドイツから帰ってきたばかりですが
26日から今度はスペイン、バルセロナへ行こうと思っています。

ドイツのときは、朝早い飛行機だったので
前日に近くのホテルに一泊しましたが
今度は昼前の飛行機なので、泊まらなくてもいいねと話していました。

すると、つい一昨日のこと
26日にチューブ(地下鉄)がストとの連絡が・・・。

全線止まるわけじゃないけど、ヒースローまで
時間通りに着くかどうかは予測できません。

じゃあ、バス!と思って探してみても
26日は8時半からしか動かない様子。
これじゃ間に合わない・・・。

では、前と同じようにどこか前泊する?と思っても
前日の25日は公共交通機関は全てストップ!
ほな、24日から泊まる?
それともタクシー頼む?
空港バスは??

雪が降っていなかったら、車でいくという手もあるね。
天気予報では、気温が高く、降りそうにない。
でも、旅行中、車を停めておく料金がばか高い。数万円かかる。。

いろいろ考えて24日から泊まる方向で検討していると
夫がよいプランを見つけました。
ヒースロー近くのホテルで、旅行中も車をホテルに置いておけるというもの。
しかも宿泊料込みで1万円ほど。
これなら25日に車で移動OK。

ふう・・・いろいろあるわぁ。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト





2010-12-24(Fri) 15:21| おでかけ| トラックバック 0| コメント 2

クリスマスマーケットへ デュッセルドルフ1日目

今回の旅行の目的はクリスマスマーケット見学。
宿のおばちゃんが「買い物するならここ」と教えてくれた Jacobi str.の駅で降りました。
すぐに見えたのはデパートの前にある大きなクリスマスツリー。
細かくたくさんのイルミネーションがシンプルながら美しい。

20101218 クリスマスツリー

まずは、このツリーの前のデパートに入ってみました。
デパ地下を見学。。
ビールがすごく安いのですが、さすがにここで買うと後で重いのであきらめました。
子供のちょっとしたおやつを買って、さあマーケットへ。。

はじめのマーケットに着くまでに、あまりの足の冷たさに
ブーツが欲しくなって、何軒も靴屋に入ってしまいました。
だって、子供は長靴はかせて来たけど、大人はスニーカーだったんですもの。
なぜって?それしか持ってないから。。。
でも、しっくりくるものがなく、そのうち冷たさにも慣れてきたので
買うのはあきらめました。でも、ロンドンより安かったな。。

人の流れに沿って歩いていくと、一つ目のマーケットに到着。
いろんな人がおいしそうに食べているものを買ってみました。

20101218 ハッシュドポテト

ハッシュドポテトです。揚げたてのアツアツをくれました。
添えてあるのはマスタードだと思ったら、りんごのソース。
おいしかったです。
お店によっては、このソースが別料金ですが、
私たちの買ったお店はソース込みのお値段でした。

このマーケットにはスケートリンクも。
外が寒いからこそできるスケートリンク。ロンドンにもありました。

20101218 スケートリンク

写真はスケートリンクの周りの雪であそぶ長男K。
雪はさくさく、パウダースノーです。

こちらはクリスマスグッズの専門店「Kathe Wohlfahrt」。

20101218 Kathe Wohlfahrt

本店がたしかローテンブルクにあったんじゃなかったかな?
その昔、旅行したときに星の飾りをひとつ買いました。
素敵な飾りがたくさん売っていますが、とにかく高くて・・・
こういうものはやっぱりいくつか数がないとだめなんで
今回のお買い物は見送りです。
このあと、別のマーケットでもこのお店はありました。
どこもたくさんの人が入っていましたよ。

そしてまた次のマーケットへ。
デュッセルドルフのクリスマスマーケットはどこも規模が小さめなのです。
夕食代わりになるものを・・・と探していたら、いいものがありました。

20101218 にんじんスープ ソーセージつき

にんじんスープ、ソーセージつき。
やっぱりドイツに来たら、ソーセージを食べなくちゃね。
しかし、スープというより、ペーストですわ。でも、冷えたからだがあったまりました。

さあ、また次のマーケットへ・・・。
外が暗くなってきたので、イルミネーションがきれいです。

20101218 マーケットの様子

カサのようになったイルミネーションの下は、居酒屋?のようで
みんなお酒を飲んで楽しそうでした。

このマーケットから少し外れたら、ストリート沿いに屋台が並んでいました。
くるくる回っているので、通りの中央に置かれたメリーゴーランドかなと思って近づいてみると、

20101218 かわいい屋台

屋台でした。あったかいワインなどを売っています。

もっといろいろ食べたかったけど
子供たちはお疲れ気味だったので、この日はこれで終了。

またトラムに乗って宿まで。
近くのKIOSKでビールとプレッツェルを買って、楽しく飲みました。

デュッセルドルフの公共交通マップはこちらです
⇒ Linienplan

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

この日の深夜、私は猛烈な吐き気で目覚めました。
原因は不明。
ハッシュドポテトが怪しいと思ったけど、他の家族はみな元気。。
油が多かったから、消化不良かな・・・。
すごく寒かったから、冷えたのかも。

せっかく旅行に来たのに、明日からどうしよう・・・という悲しい気持ちで
数時間眠れず苦しみました。
いっそのこと、体から出て行ってくれれば・・と思ったけど、その気配もなく
ただただ、吐き気に苦しみました。

それでも、いつの間にか眠っており
朝にはかなりマシになっておりました。








2010-12-23(Thu) 15:28| おでかけ| トラックバック 0| コメント 4

無賃乗車やむを得ず デュッセルドルフ1日目

デュッセルドルフへ向けて出発したとき、ロンドンもかなりの雪でしたが
着いてみると、デュッセルドルフもすごい雪でした。

20101218 Derendorfの駅

これは空港からホテルに向かう途中、乗り換え駅での様子。
あまりの雪にびっくり。
そして、寒い。すごく、寒い・・・。

でも、雪が結晶の美しい形のまま
肩や腕に積もってくる様子は感動的でした。

駅からホテルまでの道のりは、実際は15分程度で着くはずだったのに
道に迷ったことと、スーツケースのキャスターが雪でうまく動かなかったこともあって
30分以上もかかってしまいました。ふぅ・・。

着いたホテルは、住宅街の中にぽつんとある、普通の家。
民宿ですね。。
そこのおばちゃんが街までの行き方を教えてくれました。

近くの駅から、トラムに乗ればいいこと。
切符は車内で買えること。
1枚で5人まで使えるお得な一日券があるから、それを買うこと。
トラムに乗り込んだら、すぐに一番前の車両に行き、運転手に
「ワンデイチケット、プリーズ」と言えばよいこと。
トラムが動き出してから、チケットを持っていないと罰金40ユーロを取られること。

本当なら5分も歩けば駅につくはずなのに、なかなか到着せず。
結局、一駅分歩いちゃいました。
おばちゃんの言った方向、間違ってますやん・・。

そして、トラムの一番前の車両に乗ってみると・・・
運転席には鍵がかかってる!!!
ドアの外から「ワンデイチケット、プリーズ」と叫ぶ勇気もなく・・
トラムが動き出してしまいました。おぉ・・。

困ったな・・・と思っていると、車内に切符の自動販売機を発見!
しかし、使えない(と思われる)表示が・・・。

「抜き打ち検札が来て、罰金取られちゃったらどうしよう・・・」と
どきどきしていると、切符を持たずに乗り込んできた人は、
みんな切符が買えずに困っている様子。

そのまま、やむをえず無賃乗車で目的地到着。
自動販売機の故障のせいで、無賃乗車の人はたくさんいたけど
あれ、検札が来たらどうなっていたんだろう?

それより何より、宿のおばちゃん、
あなた、何年もトラムに乗ってないでしょ!!

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ








2010-12-22(Wed) 09:32| おでかけ| トラックバック 0| コメント 2

空港で足止め

Yahoo!のニュースにもありますが・・・

欧州寒波で交通混乱、空港では数千人が足止め
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000187-reu-int

私たちが、ロンドンに戻ろうとした20日は
空の便が混乱しまくっていました。
そして、私たちも漏れなく足止めを食らっていました。

オンラインチェックインは「今は利用できません。後で利用できるかもしれません」的な
訳のわからない表示になっていました。
仕方ないので、とにかく空港へ向かいました。

デュッセルドルフの空港の出発案内掲示板は
vodafoneの提供のせいなのか
画面の縦横比率が携帯と同じになっていて
非常に見にくかったのです。
フライト番号、時刻、行き先、カウンター、ゲート、そして
現在の様子などを一度に見ることができなかったのです。(横幅が狭いから・・・)

そして、夏にフランスで反省したはずなのに
ドイツ語をほとんど知らずにドイツに来てしまった私たちは
ロンドン行きの他、あちこちに表示されている「annullieren(キャンセル)」にも
すぐには気づきませんでした。

チェックインしようとしたら、カウンターが閉まっていて、そこでやっとキャンセルに気づきました。
そのとき、夫のパソコンケーブルをホテルに忘れてきたことにも気づきました。
夫が飛行機チケットの再予約のために、ブリティッシュエアウェイズのカウンターに並んだものの
そこもなかなかの長い列。。。多分1時間はかかるだろうとのことで
私は子供2人を連れて、とまっていたホテルにケーブルを取りに・・・。

時間が有効活用できたといえば、できたんだよね。

結果的に、20日のヒースロー行きは全てキャンセルされちゃっていました。
夫が再予約のために列に並んでいると、あまりの列の長さに係りの人が
「再予約はネットでもできますよ」という紙を配っていたそうです。
でも、ここでネット予約にしてしまうと、今夜の宿はどうしたらいいんや??と疑問のわいた夫は
そのまま頑張って、列に並び続けたそうです。
そして、見事、その日の宿とその日のランチとディナー、翌日の朝食をゲットしてきました。
航空会社のほうから、「今夜の宿はどうしますか?」なんて聞いてくれないから
あれは言わないと損やで・・・とは夫の弁。

普通に暮らしていたら、まず泊まることはないだろうシェラトンに泊まってきました。
空港と直結している便利なホテルでした。
子供がいるので、非常に助かりました。


「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

翌日の22日もヒースロー行きの乗りたかった便は、というか最終便以外は昼の時点ですでにキャンセル。。
昨日はキャンセル便がすごく多かったけど、この日のキャンセルはヒースローとフランクフルトのみ。
あとでニュースを見ると、フランクフルトは積雪70cmとのことで仕方なさそうでしたが
ヒースローは・・・もともと雪が少ない地域だから、すごく雪に弱いんでしょうね。

とにかく私たちは、別の航空会社で、ロンドンのガトウィックに飛ぶという夕方の飛行機を予約しました。
それだって、飛ぶかどうかわからなかったんですが
とにかく、家に帰りたくて。。。

結果的には無事にその便が飛んで、家に帰ってくることができました。
離陸と着陸の際には、拍手も・・・みんな、帰りたかった人たちなんですね。

仮住まいとはいえ、ロンドンではここが我が家・・・
やっぱり落ち着きます。






2010-12-22(Wed) 00:42| おでかけ| トラックバック 0| コメント 4

欧州寒波の中

欧州全体が寒波に見舞われておりますが
その真っ最中に、ドイツのデュッセルドルフへ
クリスマスマーケットを見に出かけておりました。

出かけたのは18日の朝7時半出発の便。
家からは間に合わないため、ヒースロー空港近くのホテルに前泊しました。
そのときすでに、ヒースローで足止めを食らった人が
ホテルにわんさかいました。
雪が5cmくらいは積もっていたかな・・・?

翌日、早起きして空港へ向かうと、荷物を預ける人が長蛇の列。
チェックインは前日にネットで済ませていたけど
スーツケースを預けないことには、飛行機に乗れません。
荷物預け専用の列はないかと探してみたけど
係員の人によると、すべての列が荷物預け用の列だとのこと。
そして、すべての列が「massive queue(ものすごい列)」になっているとのこと。

これ以上、待っていたら、みんなドイツに行けなくなるからと
夫が私たち3人だけでも先にセキュリティーチェックを済ませて
飛行機に乗るようにと私と子供を先に行かせようとしました。

お金を少々とホテルの地図を預かって
私がセキュリティーチェックに向かおうとしたそのときです。
どこも夏休みのディズニーランド並みにくねくねと人が並んでいるのに
ひとつだけ、たったひとつだけ、うそみたいなんだけど
本当に信じられないくらい、不思議なんだけど
なぜか5人くらいしか並んでいない列があったのです。
セキュリティーチェックの入り口のすぐ近く。

列の最後にいた人に「あなたが列の最後ですか?」と聞くと、「そうよ」とのこと。
「ここでバッグをあずけられますか?」と聞いてみたけど、その人もよくわからない様子。
もともと並んでいたところから
見える範囲だったので、とにかくあわてて夫を呼びに行きました。
係りの人が通りがかりに、「あなた、大丈夫?チケット見せて」と話しかけてきたので
フライトのチケットを見せると「いいわ。ここに並んでいてね」とのこと。

結局無事に、荷物を預けることができました。
なんだったんだろう、あの列。奇跡??
みんな、見えてないの?
神様、ありがとう・・という気持ちになりました。

セキュリティーチェックに向かうと、そこはまた人がわんさか。
なんとか無事に通過したのは、ゲートが閉まる数分前。
走りました。廊下を、ひたすら。

ゼイゼイ言いながら、列に並ぶと、最後にいた外国人男性が
「シンパイシナイデ。ダイジョウブヨ」と日本語で話しかけてくれました。
いやいや・・・こんなに走ったの、久しぶりよ~。

そして、飛行機は無事にデュッセルドルフへと旅立ちました。

実は、その日、この後のデュッセルドルフ行きは
キャンセルになっていたのです。
寒波の中、滑り込みセーフでした。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ









2010-12-21(Tue) 23:41| おでかけ| トラックバック 0| コメント 0

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。