プロフィール

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

子供のパスポートの署名

私のお友達が、昨日、お子さんの日本のパスポート更新に行きました。
すると、署名が自筆ではないからと言う理由で
受け付けてもらえなかったそうです。

小さな子供は字が書けないので
署名は大人が代筆します。
うちもそうしました。

「○○ K△ (代筆 父 ○○ △△)」

という具合です。

しかし、我が家がこのパスポートを作ったのは
長男Kが3歳、次男Jが1歳のときでした。

しかし、なんと、5歳になったら、
パスポートの署名は自筆となるそうです。

パスポートの署名なんて、すごく大事なものなのに・・・と思った彼女は
「どんな字で書いてもいいんですか?」と聞いたそうです。
すると「はい、大丈夫ですよ。お花とか描いてくる女の子もいますし・・」とのこと。

びっくりー!! 

そんなんでもいいの??
すると係りの方は「まあ、記念だと思って」って。。

お花模様が署名欄に描かれたパスポート・・・
記念になるというか
後々の笑いのネタになるというか。。

お子さんのパスポート更新の際は
署名が自筆なのか、代筆でOKなのか
事前によく確認した方がよさそうです。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト





2011-01-28(Fri) 10:15| こぼれ話| トラックバック 0| コメント 9

部屋が暗い

うちの部屋は完全北向きです。
夜寝る前に窓の外を見ると、北斗七星とカシオペアが見えます。
この二つが見えると、北極星の位置がわかりますよね。
それがちょうど寝室の窓のまん前です。

ということで、部屋に直射日光が入るのは
夏のごく短い期間のごく短い時間だけでした。
当然、部屋の中が暗いです。
ものすごく、暗いです。

8畳ほどのリビングの天井についている主照明は60ワットの電球がひとつ。
サブで使っているフロアランプが150ワット。

で、最近、消費電力が10ワットでも明るさは40ワット並み・・みたいな
エコ電球が売っていますよね。
それで、60ワットまでの消費電力で、出力が100ワットと言うのを探してきて
天井に取り付けようと思ったら、大きすぎて、はみ出しました。残念。
他にいくら探しても見つからないので、あきらめました。

そして、ある日、150ワットのフロアランプが切れました。
これがないと、夜は「ここは洞窟か?」というくらいの暗さです。
なのに、150ワットの電球がどこにも売ってない。。
切れた電球を見てみると「ドイツ製」の文字。
一般的でないのかな。。
結局、120ワットくらいで妥協しました。
ちょっと暗いけど、ないより100倍ましなので。

うちの部屋だけが暗いのかと思っていたら
どうやらそうでもない様子。
日本人のお友達のほとんどが、部屋の中が暗いって言ってました。
通りを歩いていると、暗い部屋に薄暗い電球の明かりが見えているお宅も
しばしば見かけます。

でも、これに文句を言うのは日本人くらいかもしれません。
フラットの窓から、同じフラットの別の部屋が見えることがありますが
ものすごく暗い部屋でテレビを見ています。
ランプが煌々とついているような部屋は、日本人が住んでいる部屋くらい。

英会話のクラスで、イギリスの部屋は暗いという話になったときに
先生は、「その方が落ち着くでしょ」とのこと。
「蛍光灯をつけるのは仕事か学校で、家で使うもんじゃないわ」とも。
本を読むときはどうするのかと聞いてみたら
「手元に別の照明をつければいいのよ」とのこと。
テレビを見るときは、「テレビが明るいから、部屋は暗くていいじゃない」と。

ほほー・・・まあ、確かにそうなんですけど。

でも、日本では暗い部屋でテレビを見ると、目が悪くなると言われていると言うと
「そんな話聞いたことないし、この国ではこれが当たり前よ」とおっしゃいました。

日本では、目が悪くなると言うのもあるけど
10年位前に、暗い部屋でポケモンを見ていた子供たちが
次々と痙攣を起こして、救急搬送されたという事件(?)があってから
その辺により注意するようになってますよね。
子供番組が始まる前に「部屋を明るくして、離れて見てね♪」なんて言われるし。

とにかく、イギリスで住んでみたお部屋が暗くても、
それは、特殊なことではないようです。
あまり気にせずに、スタンドなどの補助照明で乗り切りましょう。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ

暗い、暗いって、言ったって
夏は9時過ぎても明るいので、あまり気にならないんです。
9時過ぎれば、子供も寝てますから。

で、問題は3時半には夕焼けになる冬なんですけど
これはこれで、いいことあるんです。

それはクリスマスの部屋飾りのイルミネーション。
お部屋の中のツリーだったり、壁飾りだったり
はたまた窓飾りだったり。。。
⇒ クリスマスマーケットへ デュッセルドルフ2日目 その4

こういうものがすごく映えるのですよ。
こんなの蛍光灯のついた部屋でやったって、
付いてるんだか、付いてないんだかわからないでしょ。
ちょっと薄暗い部屋では、ものすごくいい感じ。
歩きながら、あちこちのお宅をちらりちらりとのぞいては
素敵な飾りとイルミネーションを楽しませてもらいました。






2011-01-27(Thu) 13:04| フラット| トラックバック 0| コメント 2

名前を呼ぶことについて

イギリスに来てなじめないこと。
それは名前の呼び方。

日本で言うところの苗字ではなく
下の名前で呼ぶことが多いです。

それが親同士だったなら
まだ違和感はありません。

でも、学校の職員を名前で呼ぶのは抵抗があります。

私には明確な基準がわかりませんが
学校には先生の資格を持っている人と
先生の資格を持たないアシスタントの方がいます。
あと、事務の仕事をする人も。

次男が学校に入る前に
先生方が家庭訪問をしてくれました。

そのときに、名前を教えてくださいとお願いすると
担任の先生が答えてくれました。

「私は Ms ○○、こっちは△△ よ」

この場合、○○は苗字で、△△は名前です。
そして、Ms ○○ は先生で、△△ はアシスタントです。

私から見ると、どちらも子供の指導・世話をしてくださるので
先生という気持ちなんですけど
そこにはきっちりとした境界があるようです。

長男の英語指導をしてくださっている先生は
クラス担任を持たず、
もっぱら外国人向けの英語指導をされています。
彼女は下の名前で呼ばれています。

下校時、いつも校門のところに立って声をかけてくださいます。
私は子供たちに「ほら、メアリ先生(仮名です)にご挨拶して」と言います。
どうも、「先生」をつけないと落ち着かなくて。。

ちなみに教会の英会話の先生も
ご自分のことを下の名前で自己紹介されましたので
そのまま名前で呼んじゃいます。
でも、日本人同士でお話しするときには
「○○先生は・・・」って「先生」をつけちゃいます。

落ち着かない気持ちは、みんな一緒なのかしら?

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ

中学校の頃に、用務員さんを「おじさん」と呼ぶ人がいました。
そのことに対して、先生がすごく怒って
「学校にいる人はすべて『先生』と呼びなさい」と言われたことがあります。

それが染み付いちゃっているのかしら?

日本人同士でも、やっぱり苗字を呼ばずに
下の名前に「さん」をつけて呼びます。

私の名前は「ヒロ○」なんですが
同じ学校に3人も同じ名前の人がいて、ちょっと呼びにくいです。。
一人はもう帰国されましたが
それでも少ない日本人のうち2人が「ヒロ○」。

今日、家賃を払いに行った不動産屋さんでも
経理担当の方が「ヒロ○」さん、
そして、退去相談の方も「ヒロ○」さんでした。

珍しくない名前ですけど
こんなにいるとは・・・・。
学生時代にも同じクラスに2人いたことなかったのに。






2011-01-26(Wed) 21:56| こぼれ話| トラックバック 0| コメント 6

いーじー ぴーじー

長男Kが学校に通い始めたころ
友達や先生の言うことが全然わかっていなかったのに
すぐに覚えて帰ってきた言葉がいくつかあります。

そのひとつがこの「いーじー ぴーじー( Easy-Peasy )」です。
別バージョンとして
「いーじー ぴーじー れもんすくぃーじー」
というのもあります。

日本語にしたら、「かんたん かんたん」とか
「お茶の子さいさい」、「朝めし前」という感じかな?
何でレモン?って、そこは意味ないと思います。

私はすぐに韻を踏んだ言葉遊びのひとつだなって思ったんですが
夫は初めて聞いた時、「なんじゃ、そりゃ?」と。。

で、「すごく簡単だよってことを面白く言ってるんじゃないかな」って
説明したんだけど、ピンと来なかった様子。

そこで、子供の頃に自分が使っていた言葉を思い出して説明してみました。

私「ほら、『あいむ そーりー ひげ そーりー』とか言ってなかった?」
夫「何?初めて聞いたわ・・・」

私「ちなみに、『あいむ そーりー ひげ そーりー なかそね そーりー』っていうのもあるよ」
夫「なかそね そーりーって・・・年がバレるで」

夫は知らなかったようなんですが、
小学生くらいのときにそういうこと言ってませんでしたか?
ちなみに私は岡山市に住んでいました。

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ








2011-01-25(Tue) 12:30| 耳からイングリッシュ| トラックバック 0| コメント 8

味の記憶

渡英して間もない頃、5月だったかな。
4月から小学校1年生になるはずだった長男Kが言いました。

「おかあちゃん、おとうふに、ねぎとショウガのせて食べたいねんけど・・」

特に和食好きというわけではありません。
カレーやハンバーグ、スパゲッティ、何でも大好きです。

それが突然、おとうふ、しかもねぎとショウガまで。
びっくりしました。

こんなほんの6年ほどしか生きていないのに
味覚はしっかり日本人なんだな~と。

一方、次男Jは、日本で食べていた○○が食べたいとか
そのようなことを言ったことがありません。

一般的にどうなのかわかりませんが
自分の子供たちだけを見ていると
5歳前後に何か境界線がありそうだと思いました。

それは味覚の記憶に関する境界ではないかしら?
食べ物の味をどのくらい長く覚えておけるかというような。。

別に、深く考えることじゃないですよね。。
でも、ちょっと気になって。

とにかく、自分なりにそういうこともあるのかな?
というくらいに考えていたのです。

しかし、先日、妹夫婦とスカイプで話をしたとき。
妹「帰ってきたら、お刺身食べようね」
K「お刺身って何??」

お刺身のこと、すっかり忘れておりました。

「いいんだよ~、忘れてて。おとうちゃんと、おかあちゃんが食べるからね~」

「読んだよ」のご報告替わりにクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ

後で考えると(← まだ考えてたんかい!という突っ込みを入れながら・・)
とうふもねぎもショウガも、こちらで見かけるものなんです。
でも、お刺身は全く見ていない。
その差があるのかな?







2011-01-24(Mon) 14:19| 食べ物| トラックバック 0| コメント 2

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。