プロフィール

Author:Hiro
 2010年3月31日にイギリスに到着。4月頭からロンドンのウッドサイドパークに家族4人で暮らしています。
 住んでいる人には当たり前でも、初めての人にはわからないことだらけ・・・私の知らない誰かのお役に立つことがあれば幸いです。

↓↓ 1日1クリック ありがとう ↓↓
人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

小学校で募金活動

今朝、登校時間ぎりぎりに学校に着きました。
すると、校庭に日本人ママ達が集まって何やら話していました。
今回の地震に対して、学校で募金活動をしてみてはどうかとのこと。

イギリスはボランティア精神が広く浸透している国だからかどうかわかりませんが
校庭での募金活動はよくあることです。

先日のニュージーランドの地震に対しても
募金活動がありましたので
日本の地震に対しては何かないのかな?と気になっていたところでした。

早速、数人のママたちが事務所に話をしに行ってくれました。
その後、1時間もしないうちに学校からの一斉メールで
募金活動が行われることを知りました。

こういうときに、私みたいに「やってくれないかな?」と思っているだけでなくて
実際に行動できてしまうところは、すごいなあ・・と思いました。

そして、お迎えの時間にはすでに募金用のバケツを持って
校門に立っていてくれました。
子どもたちも、順番にバケツを持ったりしてお手伝いしました。

今週いっぱい続けるようです。
私も微力ながらお手伝いしたいと思います。

集まったお金は日本赤十字に送ることになっています。


ところで、校庭で行われる募金活動のほかに
学校への寄付として、時々子ども一人1ポンドを持たされることがあります。
また、お金を集めるためにケーキやお菓子を売っていることもあります。

私は特に疑問を抱かずにいたのですが
ある方に、「収支報告がないのは、おかしいと思わない?」とたずねられて
「そういえば、そうね・・」と思い始めました。

「1回のイベントでいくら集まって、何に使いました(使う予定です)」という報告は
日本で通っていた保育園では当たり前でした。
でも、今の小学校では見たことがありません。

子どもたちのために使ってくれているだろうと信じているし
それを疑ってもいないから、誰も収支を気にしていないのかな?
イギリス全般、こんな感じなのかしら?

今回の募金で集まったお金の総額と
それに対するお礼はニュースレターに載せてもらおうと
ママ同士でお話しました。

小額だから、どうなってもいい・・というのではなく
出したお金が最終的にきちんと役に立っているのを知りたいですよね。
それが、また寄付しようという気持ちにもなりますし。

私は博物館や教会にある寄付ボックスにはお金を入れますが
街角の募金は、有名なもの以外は入れません。
詐欺かもしれないし、本当に必要な人に届くのかどうかがわからないからです。
小額しか出せないからこそ、生きたお金にしてもらいたいと思います。

読み終わった方はこちらをクリックしてくださると、大変うれしいです。
人気ブログランキングへ

関連記事







2011-03-15(Tue) 23:49| こぼれ話| トラックバック 0| コメント 9

コメント

わたしも

小学校で募金活動ができないかなぁと思ってましたが、
うちの学校、うちの娘以外に日本人がいないみたいです。
クラスには一人もいないし、他の学年の子もいないと思われます。
ここら辺い~っぱい日本人住んでるってのにね。
カトリックの学校だからかなぁ。

一人の同志もいないので、わたし一人で募金活動しよう!
とまでいう勇気が起きないです。
ダメですねぇ。

でも、普段から募金活動に前向きなイギリスだから、
勇気を出してやってみたら、みなさん強力してくれるかも
と思ったり・・・。


2011-03-16(Wed) 12:21 | URL | noel #-[ 編集]

イギリスの学校での募金活動で細かい収支報告というのはありませんね。
いくら集まったというのはニュースレターに載っているかな?それが何にどのくらい使われて・・とかいう細かい会計報告みたいなものはみたことありません。
で、私はあんまりそのことは特に気にしていません。
その数字を出してもらったところで間違っている可能性も高いし、そういう細かいことよりも、行動してくださっていることに感謝しています。
日本は何をやっても細部にわたって行き届いていると思います。それと比べたらイギリスはかな~りアバウトですよ!
あんまり気になって協力できないならばたぶん個人で判断して募金をしないと思います。

街角の募金は詐欺もあると思います。
私も信用性のあるものしか募金していません。

うちの学校では校長先生からどのようにして震災に協力できるか?っていう打診があったみたいです。
今 検討中ですが、最近あったような Non-Uniform Day にするとか?という話がもちあがっています。

皆さんで力をあわせてがんばりましょう。

2011-03-16(Wed) 12:29 | URL | koko #-[ 編集]

息子の学校でも・・・

日本人主催・義援金目的で本日カップケーキセールが開催されました。
最終的に「何でもセール」に。
結果、目標の何倍もの金額となり、皆で感謝感激でした。
海を越えて沢山の方に心配・応援してもらっていること、日本の皆に伝えたいです。

2011-03-16(Wed) 22:40 | URL | maiko #-[ 編集]

募金

サザエさん今日は。
そちらの学校でも募金活動が始まったのですね。
そのお心遣いを嬉しく思います。

収支決算はキリスト教精神には慈善は当たり前でないのかもしれませんね。
疑うことすらいけないような・・。
日本では宗教に絡まないところでするので結果報告をしているのかもしれませんね。
我が家も怪しいものには絶対しません。

最後のボランテアになるかもしれませんが頑張ってください。
皆様によろしく。
さすがにボランテア精神の国ですね。

2011-03-17(Thu) 02:05 | URL | まよこ #-[ 編集]

>noelさん

こんにちは
日本人が全然いないところもあるんですね。
お一人でも活動されれば、ご協力いただけると思いますが
ちょっと勇気が要りますね。。

2011-03-19(Sat) 22:19 | URL | Hiro #3un.pJ2M[ 編集]

>kokoさん

こんにちは
やはりこのあたりは日本人が多いので
学校で募金活動をされているようですね。
会計報告はやはり、無し、ですか。
うちの学校ではいくら集まったのかも明らかにされないので
そこはちょっと不満かな?と思います。
でも、訴えてみても、それの何がいけないのかもわかってもらえないみたい。
文化の違いでしょうか?

ともかく、今回の募金では多くの方にご協力いただき
大変感謝しております。

2011-03-19(Sat) 23:48 | URL | Hiro #3un.pJ2M[ 編集]

>maikoさん

こんにちは
そちらの学校ではずいぶんたくさんの金額が集まったようですね。
それに触発されて、うちの学校でもケーキセールを行いました。
多めに出して、おつりは寄付よ!と言って下さる方もいて
感激しました。
この暖かい気持ちが被災地の方々に届くことを祈るとともに
本当に支援を必要とされている方に素早く、適切な支援が
行き渡ることを願っています。

2011-03-19(Sat) 23:52 | URL | Hiro #3un.pJ2M[ 編集]

>まよこさん

こんにちは
なるほど、疑うこともいけない・・
それはあるかもしれませんね。
文化・宗教の違いですね。

こちらの方々も
日本のことをとても心配してくださっています。
感謝の気持ちでいっぱいです。

2011-03-19(Sat) 23:55 | URL | Hiro #3un.pJ2M[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-04-01(Fri) 20:05 | | #[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 

現在の閲覧者数:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

よく読まれている記事

ブログパーツ

お願い

 このブログは、私がロンドンに滞在中、またはその前後に経験したこと、気づいたことに基づいて書かれていますので、全てが正しい、最善の情報ではない可能性があります。また情報は全てその時点のものなので、最新情報とは異なることをご承知おき下さい。情報の最終確認は常にご自身で行うようにお願いいたします。こちらの情報が間違っていたことによる責任は負いかねますので、ご了承ください。  記事の中で、間違いを発見された方はご一報くださるとありがたく存じます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。